レンタカーが選ばれる理由

近年、若者の車離れが進んでいるといいます。なぜ若者が車離れしてしまったのか、その詳しい理由については今回省きます。
では、車を利用する人が激減してしまったのかと言われると、そうでもありません。
自家用車を持つ人は少なくはなりましたが、車を生活の中で使っている人は目に見えて減っているわけではないのです。
車を購入するのではなく、レンタルして乗る人が増え、レンタカーの需要がここ最近で高まってきています。
なぜ、レンタカーの需要が増えているのか、また、最近のレンタカー事情や新しいレンタカーのあり方についてここで解説したいと思います。

レンタカーの様々な活用方法

自身で所有していないけれど車が必要となった際に便利なのがレンタカーという存在ですね。旅行など大所帯で移動をするときに自家用車では乗車人数が足りないといったときなどにも重宝することでしょう。旅先でレンタカーを借りることで観光がしやすくなるといった利用方法もメジャーかと思います。
しかしレンタカーというのは旅行時だけでなく様々なときに活用できるのです。例えば引越し時、単身引越しだからあまり荷物がないといったこともあるでしょう。そのような時に軽トラックや2トントラックを借りてしまえば専門業者に依頼をしなくても引越しをすることが可能なのです。荷物を運び出す手が借りられるのならば業者にお願いするよりも安価で作業をすることができるでしょう。
普段の生活においても活用できます。ちょっとした買い物のために車を使いたいけれど、毎日乗るものでもないから車を所持していないといった場合にもレンタカーは便利です。いちいちレンタルしていては費用がかかるのではと思いがちですが、最近では短時間低価格のレンタカーも登場しているためそれらを活用すれば車を所持するよりもお得に利用できることもあるのです。
社用車が足りないときや別の車種に乗ってみたいといったときに利用してみるのも良いですし、シーンに合った活用方法ができるというのがレンタカーの魅力だといえるかもしれませんね。

格安レンタカーを賢く選ぶ選び方

同じレンタカーを借りるのであれば何処よりも安いところで借りたいものですが、基本になるレンタル料金だけで判断しても本当に安く借りられたとはいえない場合が出てきます。
基本的に格安レンタカーを運営しているところは、営業所やガソリンスタンドなどのフランチャイズを活用しているところになるので、格安でレンタカーを貸し出すことができるのです。
そして、車種も古く保険の補償も薄いことも、格安レンタカーの特徴になります。
ですから、長距離で乗る場合はもしものときの不安がありますが、それほど長距離を乗らなければ格安のレンタカーを活用する事に問題はありません。
そして、基本となるレンタル料金が安くてもカーナビなどのオプション料金が高くなっている場合があるので、基本になるレンタル料金だけではなくて、オプション料金がいくらになるかで何処にするかを検討する必要がありますし、場合によってはカーナビを付けないで、同乗者のスマホをカーナビの替わりに使うのも方法にはなります。
そして、レンタカーを選ぶときは会員登録をすることで割引になったり、その他のサービスを付けてくれるところもあるので、会員登録ができるかどうかと、会員になることでどれだけ割引になるかとか、どのようなサービスが付いているのかを調べて、自分にあったところに会員登録を行ない、時期によってネット予約を行なうことで更に割安になる場合もあるので、ネット予約を活用して選んでいくことも賢い選び方になります。

旅行で重宝するのが乗り捨てレンタカーです

最近は団体旅行ではなく、個人で計画を立てて旅行をする人が増えています。そしてそのように旅行をする人の多くが、現地までは飛行機や電車で、その後はレンタカーでというパターンでしょう。出発地点から車ではさすがに疲れてしまいますしね。そんな旅行客の強い味方が、何と言ってもレンタカーなのですよね。
このレンタカーにも二つのパターンがあります。一つは、借りた所で数日後に返却をするパターン。そしてもう一つは、借りた所とは別の場所で返却をするパターンです。
例えば、有名観光地をぐるりと巡る一泊二日程度の旅行であれば前者が良いでしょう。しかし、二泊三泊と日数が増え、さらには観光地巡りの場所も距離も増えるようでしたら、間違いなく後者のパターンが良いですよね。
国内旅行であれば、あまり同じ所に滞在するケースは多くはありません。そうなりますと、必然的に選択されるのは後者のレンタカーを乗り捨てるパターンになるでしょう。実際にこの乗り捨ては非常に重宝するので、お願いする人はかなり多い状況です。
まず何が良いかと言えば、出発地点から目的地までのルートを守れるところです。縦断や横断をする旅行などであれば、レンタカーをいちいち元に戻してもいられません。そのような時に乗り捨てを選択し、気持ち良く旅行の日程を過ごせばよいのです。
ただし、乗り捨ての場合は別途料金が発生します。まぁそこまで多額ではないのですが、切り詰めた旅行を目指している方には不向きでしょうかね。多くの人にはメリットの多い方法ですけど。